消費者金融は親も支払いの対象?

消費者金融に対して、すごく疑問に思われている事が、「親も支払いの対象となるのか?」という事になります。本当に親も支払いの対象になっていくのでしょうか?
この親も支払いの対象になるのかは、代位弁済の事です。代位弁済というのは、借金の肩代わりの事を言います。消費者金融でしているのは、代位弁済は請求権の事を言っています。そして、支払い義務のない人からのお金の回収というのは、犯罪行為になるのでしていません。これは、法律上決められている事なので、もし、そういう事をしている消費者金融は、警察に捕まるのです。犯罪なのですが、消費者金融側は、半ば、通常のように行っている事なので、この行為をするからこそ消費者金融が成り立っているとも言われています。やはり、お金を返せない人ほど、消費者金融側は、儲かるという事なのです。人というのは、利息は本人から取るのと、借りたお金は身内から取るという事を常識的に思っているのですが、本当は全く違うので、この常識的な認識を変えていかなければいけません。そういう常識を、正しい認識に変えてから、きちんと消費者金融から借りたお金を本人が返済しなければいけないのです。
それでは、支払い請求というのは、実際どのようにしていくのでしょうか?
代払請求の実際の様子は、借金をした人が夜逃げをしたりして行方不明になった場合です。この場合は、同居をしている人が行方不明になった人をかばう場合には、その同居している人が支払いをしていく事が望ましいのです。立て替えという事です。それが嫌なら、行方不明になった人をかばう事をしないようにしましょう。消費者金融側は、法律的には請求権がないので、その同居している人に支払うようにいう事は出来ないのです。そのため、支払いをしていかなければいけないという事を誘導していき、お金を取り立てるという事をしています。もし、「払え」というように言ってきたら、これは、法律的にはしてはいけない事なので警察に相談する事をするとよいでしょう。消費者金融側は次のような誘導方法で、同居している人に要求をしていきます。@本人のこれからの将来に何らかの影響がある。Aブラックリストに載る。B借金の取り立てを何年でも追い続ける。C身内にブラックリストが載っている人がいると、その周りの人もブラックリストに載る。C毎日毎日、取り立てをしに行く。D借金をしていて、返済をしていく責任を感じないのか?というように、同居している人が借金をしている物言いをしてきます。これが、消費者金融の第三者請求と言っています。
消費者金融側は、上記のように、同居者も支払いの対象というように遠まわしに請求をしてくるのです。請求方法は様々なのですが、きちんと返済をする事で、今様な問題は出てこないのです。

更新履歴